初任者研修の資格を取得するには?

食事の介助をする

介護の現場で働く時、介護職員初任者研修という資格は今後長く介護業界で働く上で、是非取得しておいてほしい資格です。介護職員初任者研修の資格を取得するためには合計130時間の講義を受け、筆記試験にも合格しなければなりません。従来のホームヘルパー2級との大きく違う点は、施設などでの実習がなくなったことです。その代わり、実技実習の時間が多くとられるようになりました。車いすの使い方や介護ベッドの操作方法などの知識や技術面を、実際の道具を使いながら学んでいく実習が増えています。さらに、認知症に関する講義も新しく追加になりました。実際の現場での実習時間は無くなりましたが、講義での勉強と演習によって知識と技術を身に着けられるようになっています。初任者研修の資格取得条件など、変更になっている場合は個人ですぐに対応するのが困難です。また、最初のうちにしっかりと正しい知識や技術を身に着けることで、今後の仕事にもスムーズに生かせるのではないでしょうか。そういったことを考えると、初任者研修などの介護資格を取得する際には、資格教室を受講するのが最も安心な手段だと考えられます。資格教室は働きながらでも通えるところも増えていますので、参考にしてください。

介護職員とお婆さん

様々な場面で役に立つ初任者研修の資格を取ろう

初任者研修の資格があれば、介護職に就きやすいと言われています。初任者研修の資格保持者は、身体的な介護をすることができるため、施設側も資格保持を前提として求人を出す場合が多いです。それに加え、介護…