介護職員初任者研修は介護業界の入口的な資格です

階段を上る

高齢化が進む日本で、需要が拡大しているのが介護業界です。介護業界の人手は慢性的に不足しており、介護の仕事への就業を促す取り組みがなされています。これまでホームヘルパー2級と言われていた資格については介護職員初任者研修という名称に変更になりました。この変更によって、複雑だった介護業界の制度が分かりやすくなり、キャリアアップへの明確な道筋となったのです。資格試験についても、筆記試験が必須になったり、実技実習が拡充されていたりという変更がなされました。実技実習が増えたことで資格取得が大変そうだと感じるかもしれませんが、実際に就職しての介護実務やその後のキャリアアップを考えると、取得して損はない資格といえます。介護職員初任者研修の資格取得については、資格教室などを利用すると、短時間で効率よく学ぶことが可能です。初任者研修の資格を取得した後は、介護ヘルパーや訪問介護ヘルパーとして介護施設や医療機関で働くことができます。介護業界はこれからますます需要が伸びると考えられています。男女の性別を問わずに必要とされる仕事であり、年齢制限も厳しくありません。手に職をつけたい、就職に有利な資格を身に着けたいと考えている方は、初任者研修を受講してみてはいかがでしょうか。

介護職員とお婆さん

様々な場面で役に立つ初任者研修の資格を取ろう

初任者研修の資格があれば、介護職に就きやすいと言われています。初任者研修の資格保持者は、身体的な介護をすることができるため、施設側も資格保持を前提として求人を出す場合が多いです。それに加え、介護…